急なトラブルに【弁護士に依頼をして解決する】

business strategy

法律の事なら

online business

行政書士業務は、代書から法律相談へ

行政書士に限らず、法律系の士業の仕事の主なものは官公庁に提出する書類の作成代行、提出代行があります。 かつては、行政書士がメインとする仕事に依頼者からの書類作成を行っていましたが、最近では、その書類を作成以外の仕事も増えてきました。 官公署に提出する書類の作成、権利義務に関する書類の作成、事実証明に関する書類の作成など代書をメインとしてきた時代から、それに付随する相談業務も増えてきました。 行政書士が専門とする行政法など法律の改正の頻繁に行われ、一般の人にはわかりにくい制度となりつつあり、その制度の説明や依頼者にとっていかに理解してもらい、適正な手続きとなるようにするかも行政書士の大事な仕事の一つです。

専門とする分野をどの様に探すか

行政書士が守備範囲としている分野は非常に幅広く、独占業務としている分野はありません。 よって、ほかの士業がタッチしない部分を行政書士が拾い上げ、依頼者のために仕事をしています。 守備範囲が広い、と言うことは専門分野も非常に多く、法や制度ごとの大きなくくりではなく、もっとニッチなくくりで専門とする行政書士がいます。 ほかの士業との兼任で、お互いの資格を補完し合う行政書士もいます。 例えば、社会保険労務士と行政書士で、労働法や年金法に強く、また行政に対して意見陳述を行っている人もいます。 税理士と兼任している人は会計分野を専門にし、経営課題の解決を専門としています。 つまり依頼者となる人は自分に適合する人をネットや宣伝でしっかり専門分野を見極めることが必要です。