急なトラブルに【弁護士に依頼をして解決する】

business strategy

相続について

business discussion

相続で揉めた場合について

親が亡くなると子に相続が行われます。その時にすべての親族が納得すれば相続問題はおこりません。でもそうはいかないのが現実です。相続に関しては様々な思わぬトラブルに巻き込まれてしまった人たちが大勢います。また、相続で揉めるとしたら遺産分割が最も多いと事例です。もし、揉めてしまった場合には弁護士に依頼することになります。依頼した場合、解決までにどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。遺産分割の場合は相続する金額により弁護士への報酬額が異なります。相続額が多ければ多いほど弁護士費用が高くなります。また、弁護士費用は自由設定ですので弁護士により報酬額に違いがあります。どの弁護士に依頼するかは自由です。ただ、後の報酬の支払いのことも考慮した上で納得のいく弁護士に依頼しましょう。

今までとの違いについて

はるか昔の相続は男子の長男が全てを受け継ぐのが一般的でした。他の子どもには一切の権利はありませんでした。それが均等分割へと変わったのは戦後のことです。これはGHQの影響が大きく財産は親1代限りのものとし、それを子が引き継ぐときには多額の税金を課すことにしました。それが今の相続税です。 この税の支払いの負担が増してきています。まず、基礎控除の金額が6割小さくなりました。今まで課税の対象外の人たちが対象者になります。相続税の税率もアップし、高額な資産を持つ人に対しては今までより高い税が課せられるようになりました。全体的に大幅な増税となります。このため、資産があまり無いと思っていても支払う必要がある場合がでてくることになります。