急なトラブルに【弁護士に依頼をして解決する】

business strategy

仕組みを知る

business discussion

グレーゾーン金利について

債務整理をすると、なぜ借金が減額できるのか、それは過去に存在していたグレーゾーン金利が関係しています。グレーゾーン金利とは、かつて消費者金融や信販会社などの貸金業者が顧客にお金を貸し出す際に自由に金利を設定していいのではなく、上限が決められていてその上限を決める法律が利息制限法です。これは20%が上限金利です。ここで問題となるのが金利上限を決める法律がもうひとつあり出資法です。こちらは29.2%でほとんどの貸金業者が出資法に準じて貸し出しをいたのです。この20%〜29.2%の間をグレーゾーン金利と呼びます。しかし、この金利は違法である判例が多く出たことから撤廃され違法な利息として、取り戻すことができるため債務整理をすると減額になるのです。

任意整理から個人再生の選択

2010年に貸金業法が改正されて、上限金利が引き下げらています。つまり、2010年以降にカードローンの新規契約をされたかたが、債務整理で任意整理を選択をすると減額できるものが何もないわけです。また、貸金業者も強気の態度をとる業者も多く、任意整理は将来の金利がカットできる手続きですが、将来利息を請求したり一括返済でなければ応じないという業者もあるのです。過払い金返還で倒産する業者もあるくらいですから任意整理も難しくなってきます。そうなると選択としては個人再生での債務整理が増えてきます。裁判所で行う手続きなのですが、借金を減額させるには自己保有の財産を一部処分しなければならなくなります。減額させる債務整理になります。